歯科 虫歯

痛くない、削らない、抜かない!はホント?

スポンサーリンク
歯医者を嫌がる女の子歯科

痛くない、削らない、抜かない!はホント?

結論

半分ホントで半分ウソ

痛くない、削らない、抜かない を前面に押し出している歯科医院を見たことはありませんか?

歯医者に行きたくない理由には痛いからとか音が嫌だとかあると思います。

痛くない、削らない、抜かない はそんなニーズにあったうまいタイトルだなと思います。

結構なパワーワードなので全国から来たりするところもあり

このタイトルを前面に押し出している歯医者は虫歯のところに薬を詰めておしまいってところもあると思います。

ちゃんと研究された結果使われている薬なのでそれ自体には問題はないと思います。では何が問題なのか、まずは虫歯について説明したいと思います。

虫歯とは

虫歯は細菌感染で、その原因菌の一つで代表的なのはStreptococus mutans菌です。
砂糖の含まれた食物を摂取すると、ショ糖を原料にして菌の産生する酵素により粘着性の多糖体(ムタン=グルカン)をつくります。

グルカンが形成されると、歯の表面で他の口腔細菌とともに塊を形成し、これがプラーク(=歯垢)と呼ばれ虫歯が発症および進行する最大の原因となります。

虫歯の進行過程

虫歯は進行する時内部から進行していきます。

虫歯の広がり方の図になります。

イメージが付きにくい人ように実際の画像を@dra.fernandarubioさんから引用しました。

Dra. Fernanda Rubio on Instagram: “#Repost @repostsodonto 🔻”Dra. É só um pontinho”.🔻 Não sabemos o que está por trás desse pontinho. 🧐🤔 Por isso, sempre falo para os…”
Dra. Fernanda Rubio (@dra.fernandarubio) added a photo to their Instagram account: “#Repost @repostsodonto 🔻”Dra. É só um pontinho”.🔻 Não sabemos o que está por...

 

画像からも分かるように小さい虫歯かと思いきや、中で広がっておりかなり大きな虫歯であることがわかりますね!最後は綺麗に白い詰め物で充填されています!

虫歯のところに詰めて使われる薬

結構前に流行ったのが3Mix MP法という抗菌薬を複数混ぜて虫歯のところに詰めるものと、少し前に流行って今もまだ使われているDoc’s best cementが代表的なものかと思います。

上記で説明したように、虫歯は細菌感染なので、

3Mixは抗菌薬で菌をやっつけるという方法。

Doc’s best cementはκ(カッパー)イオン(=銅イオン)が持つ殺菌作用で菌をやっつけるという方法。

どちらも理にかなっていると思います。

ただし、即効性はなく1年以上経たないと効果が出てるか確認できないという点が難点です。薬を詰めて1年以上仮の蓋のままが続きます。そして、待っている間は砂糖の含まれた食べ物はNGです。

何故なら押さえつけている細菌が活動してしまうからです。

では何がホントで何がウソ?

 

例えば画像のように虫歯が大きくて薬を詰めるだけなら、削らないので痛くもないし言ってることはホントです。(画像は虫歯が大きすぎて神経が入っている部屋が見えてしまってますが・・・)

しかし、虫歯の進行のところの画像みたいに虫歯の入り口が小さい場合は削らなくては薬を詰められないので、削らないっていうのはウソです!

また、削るのでしみたり、痛みがある場合もゼロではありませんので、痛くないも半分ウソです!

抜かないに関しては・・・基本的になんでもない歯は抜きません。抜くにもそれ相応の理由がない限り抜きません。虫歯が進行しすぎて残せないや、折れている、歯周病が進行して骨に歯が埋まってないなどなど。

まとめ

痛くない、削らない、抜かないのタイトルは歯科医院に行きたくないニーズに合わせたうまいものだと思いますが、必ずしも削らないわけではありませんし、食事制限がかかります。

効果が出るまで期間もかかります。

そして、保険適応の治療ではないので歯1本に対して薬を詰めるのに1万前後かかり、薬の上から白い詰め物を詰めたり、型取りして詰めたり・被せたりするのも自費診療になるので別途お金はかかりますので注意してください!

 

引用

日本細菌学会

コメント

タイトルとURLをコピーしました