未分類 歯科

【要注意】口で呼吸するのは危険!?

スポンサーリンク
大きな口を開けている女の子未分類

【要注意】口で呼吸するのは危険!?

はじめに

口呼吸と聞いて何にも感じないアナタ!マズいです!

呼吸と聞くと「腹式呼吸」や「胸式呼吸」思い浮かべる人もいると思います。

「胸式呼吸」は普段私たちが意識せずとも行っている呼吸で、「腹式呼吸」は横隔膜を使った呼吸の仕方です。

どちらの呼吸も「」での呼吸です!「口」で呼吸はしてませんよね?

なぜ「口」呼吸はダメなの?

そもそも呼吸は「鼻」で行うものです。

鼻で呼吸をすることによって、鼻水が乾いた空気も湿らせた状態で体内に運んでくれます

また、鼻の中にある鼻毛が空気中の汚れやウイルスや細菌を取り除いて綺麗な空気を体内に運んでくれます

Teeth salon LABIO on Instagram: “・ ・ 【ノーズ(鼻毛)wax脱毛】 ・ ・ 夏になると代謝も上がるので伸びやすくなる鼻毛👃 ・ ・ 意外に見られてますが、出ていても、なかなか「鼻毛出てるよ!!!」って言えないですよね、、、💧 ・ ・ 恥ずかしい思いをしたことはありませんか? ・…”
131 Likes, 3 Comments - Teeth salon LABIO (@labio_beauty) on Instagram: “・ ・ 【ノーズ(鼻毛)wax脱毛】 ・ ・ 夏になると代謝も上がるので伸びやすくなる鼻毛👃 ・ ・ 意外に見られてますが、出ていても、なかなか「鼻毛出てるよ!!!」って言え...

近年、ブラジリアンワックスで鼻毛を脱毛することが流行ったりしていましたが、全部取らないにしても素晴らしいフィルター機能を自ら除去して感染リスクを高める自殺行為だなと感じます。

口で呼吸を行うと言うことは常に口が開いている状態なので唇や口の中が乾燥してしまいます。

乾いた空気は乾いたままなので、扁桃が炎症したりするリスクが高まります。

口の中には鼻毛みたいに空気中の汚れやウイルスや細菌を除去してくれる機能がないので風邪やインフルエンザにかかるリスクが高まります

常に口が開いていると、口の周りの筋肉(口輪筋)が使われないので衰えて弱ります。

口呼吸がもたらす弊害

虫歯・歯周病になりやすくなる

口呼吸をすると唇も乾くし、口の中も乾いてしまう。

そもそも口の中を湿らせているのは何かわかりますか?そう唾液ですよね!乾燥して唾液が出なくなるのが非常にまずい。

唾液の中には虫歯菌や歯周病菌を抑えてくれる作用があるんです。

そんな唾液がなくなると虫歯や歯周病になって下さいって言っているようなものなんです!

風邪やインフルエンザにかかりやすい

上記で記述しましたが、鼻には鼻毛が防御機能の役割をしてくれてますが、口呼吸をしてしまうと細菌やウイルスを取り除くものがないので風邪やインフルエンザにかかりやすく、扁桃炎にもなりやすくなります。

口輪筋が衰えて歯がガタガタになる。

なんで?と思いますよね。

歯列弓(歯が並んでいる円弧状の形)は舌の内側から外側に押すチカラと口輪筋など外側から内側に押すチカラの均衡が保たれる位置に並ぶと言われています。(バクシネーターメカニズム)その均衡が崩れると歯列弓が崩れてしまいます。

舌の位置が下がり、舌の筋肉も衰える(低位舌)

舌は本来上顎にくっついている物で、上顎の歯列弓の形は舌の形なんです。子供の頃に口呼吸で舌が上顎にくっついてないと歯列弓は十分に広がらずガタガタになります。

舌の筋肉が弱るので二重顎にもなりますし、いびき、睡眠時無呼吸諸侯群、誤嚥性肺炎にもつながってきます。

まとめ

簡単に弊害について説明しましたが、口呼吸は百害あって一利なしなんです!

お口で呼吸する癖がついているならば、鼻で呼吸する練習をしましょう!

お子さんがお口で呼吸をしていたら、鼻で呼吸するように注意しましょう!

鼻炎や花粉症があって鼻呼吸ができないこともあると思いますが、鼻呼吸ができるようにまずは耳鼻科に通い治して下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました